• ホーム
  • 勃起障害とED治療薬の効果

勃起障害とED治療薬の効果

2020年02月09日
カプセルを持っている男性

勃起障害は30代から発症しやすくなります。
ペニスが完全に立たなくなるケースは少なく、年齢とともに勃起力が徐々に減退していきます。
健康状態が好ましくない方、生活習慣病を抱えている方ほど進行が早く、30代前半でED治療薬を服用している方もいます。
勃起障害とストレスには密接な関係があり、特に仕事のストレスが大きい男性は注意が必要です。
30代から発症率が高くなる理由には、職場における立場が上がることも関係しているとされます。
人は社会的立場が高くなるほど、ストレスを感じやすくなるものです。
責任ある立場になると、過度のストレスから勃起障害を招きやすくなります。
勃起障害を改善するためには、何よりも十分な睡眠をとることが大切です。
睡眠不足は精力を減退させますし、心因性のEDの原因にもなります。
ストレスが溜まりすぎると寝つきが悪くなるので、必要に応じて睡眠薬を服用しましょう。
今の睡眠薬は習慣性が弱く、医師や薬剤師の指示通りに服用していれば危険性はありません。
ED治療薬は加齢、生活習慣、ストレスなどを原因とする勃起障害に効果的です。
勃起障害を克服する第一歩は、とにかくSEXを成功させることです。
失敗が続くほどメンタルが落ち込み、さらに失敗率が高くなるという悪循環となります。
ED治療薬を服用するとペニス周辺の血流を促進し、若いころのような勃起力を取り戻せます。
SEXがうまくいけば、次もうまくいくことが多いのです。
1回の成功で勃起障害が治ることはよくあるのです。
バイアグラなどのED治療薬には習慣性がないので、EDが治ったらいつでもやめることができます。
精力剤が実感できない方は、ED治療薬に乗り換えてみるべきです。